インフラ整備と地方創生(インフラのミッシングリンク)

0

    JUGEMテーマ:公共工事の経済効果

    JUGEMテーマ:山形県庄内

     

     

     今日は「インフラ整備と地方創生」と題し、全国の地方の道路鉄道などのインフラのミッシングリンクについて取り上げたいと思います。

     

     ミッシングリンクとは、高速道路などで一部未整備区間があって、途切れている状態のことをいいます。例として庄内エリアのミッシングリンクについて、下記の地図で見てみましょう。

     

    <庄内エリアの地図の抜粋>

     

     

     上記図の通り、鶴岡市内の鶴岡ジャンクションを中心として、北は日本海東北道で酒田みなとIC、東は山形道で湯殿山IC、南は日本海東北道であつみ温泉IC、でそれぞれ高速道路が途切れています。本来は酒田みなとICから北へ秋田市に抜け、湯殿山ICから太平洋側に抜け、あつみ温泉ICから新潟市につながれば、高速物流網が整備されることとなり、企業誘致がしやすくなります。

     

     これは高速道路だけではありません。新幹線も同様です。日本海側に、新青森駅⇔富山間の羽越新幹線という新幹線整備計画はあるのですが、全く動いていません。

     

     インフラが整備されていないために、昭和のまま取り残された地域が日本中にたくさんあり、結果人口が流出して東京一極集中へとなるわけです。

     

     羽越新幹線にしても高速道路にしても着工はしているが予算がないという理由で工事が進んでいないのです。「コンクリートから人へ」という発想がいかにおぞましいものか?地方と都市の格差がどんどん拡大していく政策だったのです。

     

     とはいえ、民主党政権の「コンクリートから人へ」だけが原因ではありません。1997年の橋本内閣の構造改革基本法に謳われている緊縮財政やら、竹中平蔵らが持ち込んだプライマリーバランス黒字化、こうしたこともまた公共工事を停滞させた原因です。

     

     山陰地方についていえば、鳥取県と島根県も悲惨です。鳥取市は県庁所在地であり、県庁所在地の鳥取県に全国の高速道路のネットワークが繋がったのが、4年前の2013年という状況です。

     

     インフラが整備されないとどうなるか?道路はボロボロとなり、店はシャッター商店街となり、いわば発展途上国となるのです。インフラが整備されないと生産力も伸びません。何しろロジスティクスの環境が整備されていなければ、工場を作ったとして製品をどうやって運ぶのでしょうか?一般道で何時間もかけて運ぶのでしょうか?工場の誘致すらままなりません。

     

     一人当たりの生産量で、都道府県ランキングで見た場合、ワースト1は沖縄県で、次が鳥取県です。ただ、沖縄県は製造業がなかなか立ち行かない島の県です。部品の流通や出荷の問題もあります。完全な島だからやむを得ません。とはいえ、鳥取県は違います。本来、関西と九州の間をインフラを整備して直結し、工場を誘致して経済成長するというシナリオがあっても全く不思議ではありません。それがそうならないのは、インフラが整備されていないから。結果的に生産量が低く、生産性が低いということになります。

     

     皆さんは「山形県はもしくは鳥取県は生産性が低い!」と聞いてどう思うでしょうか?「あぁーなんだ生産ができないんだ!」程度に思うかもしれません。ところが、GDP3面等価の原則を理解している読者であれば、生産=支出=所得 で必ずイコールになります。つまり生産できない=所得が生まれない、ということなので、所得が小さくなりやすくなる=貧乏な人が増える可能性が増える ということになるわけです。

     

     インフラが進まない都道府県は、人口減少も激しい。総務省が都道府県別に人口の増減率を統計として公表しています。下記はその一覧表です。

     

    <平成17年〜平成22年、平成22年〜平成27年における都道府県別人口増減率>

    (出典:総務省)

     

     

     黒いセルで白抜きにしたのは、平成22年〜平成27年にかけて、人口増減率がマイナス2.5%以上となった都道府県です。

    具体的には、下記の通り。

     

     青森県  ▲4.7%

     岩手県  ▲3.8%

     秋田県  ▲5.8%

     山形県  ▲3.9%

     福島県  ▲5.7%

     新潟県  ▲3.0%

     山梨県  ▲3.3%

     奈良県  ▲2.6%

     和歌山県 ▲3.9%

     鳥取県  ▲2.6%

     島根県  ▲3.2%

     山口県  ▲3.2%

     徳島県  ▲3.8%

     愛媛県  ▲3.2%

     高知県  ▲4.7%

     長崎県  ▲3.5%

     宮崎県  ▲2.7%

     鹿児島県 ▲3.4%

     

     この数値を見ますと、東北は東日本大震災の影響が大きいかと。復興が進まない状況では、雇用は増えず、工場誘致もままならず、人々は仙台や東京に向かおうとするでしょう。

     紀伊半島でいえば、奈良と和歌山は高速鉄道がありません。山陰の鳥取と島根も高速鉄道がありません。

     四国も香川県以外は、インフラが整っているとは言い難い都道府県です。香川県は本州との連絡である瀬戸大橋があり、鉄道も自動車もインフラがあるといえばあります。高知はインフラが一番進んでいないこともあり、四国の中では▲4.7%と圧倒して流出しています。

     九州もまた、長崎や宮崎や鹿児島など高速鉄道がない都道府県です。

     

     私は、インフラが不十分な都道府県は、明らかに国家が財政支援してインフラ整備すべきだと思っております。もちろん読者の中には、環境などの心配をされる方もいるかもしれません。とはいえ、環境を理由にインフラ整備を反対する人は、インフラが整っていない都道府県で生活する人に、ずっと貧乏を強いることと同じです。自分が生活の根拠に置き、つまりその都道府県に住んでいる人が主張するならまだしも、東京、千葉、埼玉、神奈川、京都、大阪、神戸といった都市圏に住む人が、「環境問題があるから地方のインフラは整備が不要!」というのは、私から言わせれば、「お前が言うな!」というやつです。

     

     高速鉄道をはじめ、地下鉄網が整備され、充実したインフラ環境に身を置き、十分に生産性の高い環境で働けば多くの賃金を得られる環境にある東京都民が「人口が減少する地方にインフラは不要!」とか「環境破壊になるから地方にはインフラが不要!」と主張することは、「地方の人々は、ずっと貧乏でいろ!」と言っているのと同じであり、私はその考え方価値観には共感できません。

     

     鳥取県の生産性が低いのは、鳥取県民が同じ日本国民として優れていないとか、そういうことではありません。単にインフラが整備されていないから。そして鳥取県以外の人口流出してしまう都道府県もまた、人口流出するのはインフラの整備がされていないからというのが理由です。

     

     真に地方創生を標榜するのであれば、インフラ整備は絶対必要条件。しかも日本は災害大国なので、非常時のバックアップという観点からも、将来の生産性向上等観点からも、一にも二にもインフラ整備が必要なのです。

     

     

     というわけで、今日は地方創生には、改めてインフラの整備が必要であることをお伝えいたしました。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    • 安定電源に全く役にも立たない再生可能エネルギーが買取から入札へ!
      正論太郎01 (07/01)
    • 大阪W選挙で維新圧勝の影響について
      島道譲 (04/16)
    • 英語教育について(トランプ大統領の演説を誤訳したNHK)
      永井津記夫 (12/07)
    • ハロウィーンは日本のお祭りとは違います!
      ユーロン (11/12)
    • オプジーボが医療財政の大きな負担であるため保険の適用外にしたいと思っている財務省
      SSST. (10/13)
    • サムスン電子について
      故人凍死家 (09/26)
    • 財務省の役人は、なぜ緊縮財政なのか?
      吉住公洋 (09/26)
    • 生乳流通改革という欺瞞と、イギリスのミルク・マーケティング・ボード
      富山の大学生 (06/05)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      師子乃 (10/02)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      mikky (12/01)

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM