日本の株式市場の脆弱性

0

    JUGEMテーマ:経済全般

     

     今日も日本の株式市場の株高をテーマに意見します。

     

     株価は予想通り上昇しています。ですが、私は嬉しくない株高だと思っています。仮に日本の内需即ち日本人の消費が伸びて、日本の消費を相手にしている企業の業績が伸びて株価が上がるということであれば、たいへん望ましくめでたい話です。

     

     ところが実際は、海外の外需が伸びて輸出企業が伸びて、そこを中心に株価が上昇している。しかも円安だから日本の経済が、貧乏な国だから、金持ち外国人からみれば、「日本株は安いから買っておこうか!」という話であり、うれしい話でも何でもありません。

     

     実際は消費も賃金も投資も伸び悩んでいるのが実情であり、かつ日本の国内の物価は対前年比で下落しています。不況だけど外国人に株価が割安だからという理由で買ってもらっているというだけなのです。

     

     外国人の方が買っている状況なので、外国人が売られてしまえば、それまで。例えば超円高になる場合や、北朝鮮で有事が発生すれば、たちまち外国人投資家は日本株を売ってきます。

     

     よくヤフーファイナンスの掲示板なんかを見ていますと、「外人さんに株を買ってもらえないかな!」などとそれっぽい安いっぽい意見多いです。何のために外人に株を買ってもらわなければならないのでしょうか?

     海外の企業が日本の技術を円安で安い株価でTOBして傘下に入れるということもあれば、内部留保で配当を吐き出させるために割安になった日本株を買うとか、いろいろあります。外国人投資家が多ければ多いほど、その会社が利益を出したときに配当で吐き出されてしまいます。本来、利益は人材投資(能力開発や採用育成)や設備投資に使い、さらに利益を伸ばすという使い方をした方が、中長期的に会社が成長するはずです。もちろんデフレの今は投資しても利益が出にくい環境。とはいえ、投資をしなければじり貧となり、上場廃止して自主廃業が難しければ、同業他社に売却されるしかないありません。

     

     外国人投資比率が高いというのは、決して誇れることではありません。もちろんグローバルに見て利益率が高い会社という側面で長期保有し続ける投資家もいるかもしれません。とはいえ、彼らは円高になれば売ってくる。朝鮮半島有事や金融緩和強制終了など、そうしたきっかけで日本株を売ってくる。でも彼らは日本で生活していないので売却したとしても仕方ありません。

     日本人であれば日本で生活して日本で死ぬと考えれば、株価が下落して資産毀損を恐れて売却することはあっても、株価が上昇しようが下落しようが、日本企業を応援し続けるという考えで、持ち株を保有し続けるという投資家もいるでしょう。

     

     本来日本の需要が旺盛で、その需要を相手に売上高が伸び、増収増益を果たしている状況であれば、北朝鮮有事だろうが円高で外国人投資家が株を売ってこようが、恐れる必要はありません。そういう意味で、今の株高は非常に脆弱な株高であると私は考えております。

     

     

     というわけで、今日は最近の株高が脆弱な状況であることを主張したく、私見を述べさせていただきました。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    selected entries

    recent comment

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM