北朝鮮の核保有容認するならば日本も核武装すべきです!

0

    JUGEMテーマ:安全保障

    JUGEMテーマ:国防・軍事

     

     最近、日本国内や米国内で、北朝鮮の核保有を容認しなければならないとする論説が出てくるようになりました。日本のジャーナリスト、評論家ら、オバマ政権のときのライス元国務長官も、そうした主旨の発言をしています。今日はこの問題について私見を述べます。

     

     この問題は、価値観の問題もあります。北朝鮮が核保有をして使わせないようにするという意見があるとすれば、私は日本も核武装の準備をする必要があると考えます。

     北朝鮮が核保有を容認するとなれば、少なくてもグアム・ハワイに届くミサイルがあるという状態になります。となれば日本は米国の核の傘から外れることになるのです。

     

     米国が核攻撃される可能性がある状況で、米国が日本のために反撃することができるでしょうか?もし、米朝開戦となれば、米兵に5万2000人の犠牲者が出るというシミュレーションが出ているようでして、北朝鮮がグアムやハワイや日本や韓国に対して核兵器を行使しようとして、それを衛星でとらえたとして、事前に北朝鮮の基地を先制攻撃をすることができるのでしょうか?

     

     お花畑になっている日本人が多いと思われますので、はっきり言っておきますが、日本と米国は他国です。国益は別です。尖閣諸島問題についてもそうですが、本当に人も住んでいないような小さな島に、中国が漁船で民間人を装って上陸したとして、そのために米国が尖閣を守るなんてするでしょうか?

     

     同じように核攻撃で日本への先制攻撃をしようとする北朝鮮に対して、米国が本当に先制攻撃をすることは可能でしょうか?私はグアム・ハワイが核攻撃される可能性がある米国が、日本のために先制攻撃を米国が実施するとは思えません。なぜならば、米国も核攻撃の反撃を受けるからです。米国人でも多数の被害者が出るからです。

     

     では、一発日本に核攻撃がされたら動くのでしょうか?さすがに米国は動くかもしれません。とはいえ、米国も核兵器による反撃を受ける覚悟で、核攻撃一発日本に被弾したからといって、必ず反撃するという保障はどこにあるのでしょうか?あくまでも米国は米国。国益は日米では違うのです。

     

     安倍政権は「万全を期す」という言葉を多用していますが、真に「万全を期す」のであれば、

    ●敵基地反撃能力の保有(弾道ミサイル、巡航ミサイルを日本が保有する)

    ●核武装の議論を始める

    ●核シェルターを全国に作る

    などがあります。これこそが「万全の期す」対応です。

     

     にもかかわらず、「万全を期す」と言葉だけ発進したとしても、何を万全を期しているのか?と疑問を持たざるを得ません。しかも敵基地反撃能力の保有にしても、核シェルターを全国に作るとしても、今から始めたとして数年かかります。米国が北朝鮮の核保有を容認する前に準備する必要があります。

     

     例えばスイスの各家庭の核シェルターの保有率(配備率・整備率)は100%に近いといわれていますが、日本は1%も満たない状況です。米国との安全保障条約があるからとして、核の傘に入っているからとして、何もやってこなかったことのツケが来ているのです。

     

     

     というわけで今日は北朝鮮問題について述べました。この状況でも対話とか言っている人が多いことに、私は辟易します。隣国とは仲良くなれません。欧州でいえば、ドイツとギリシャも揉め続けています。中国韓国もそうですが、北朝鮮と話し合いで解決とか言っている時点で、北朝鮮の国益、日本の国益が何か?を考えていない、もしくは知見がないから、そうした発想になるものと思います。金正恩は、金体制の保障することを目的に、外交カードの価値を高めるためにミサイル開発をしています。そうしたことを踏まえ、日本も核武装の議論を始める時が来ているものと私は思うのです。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    • 安定電源に全く役にも立たない再生可能エネルギーが買取から入札へ!
      正論太郎01 (07/01)
    • 大阪W選挙で維新圧勝の影響について
      島道譲 (04/16)
    • 英語教育について(トランプ大統領の演説を誤訳したNHK)
      永井津記夫 (12/07)
    • ハロウィーンは日本のお祭りとは違います!
      ユーロン (11/12)
    • オプジーボが医療財政の大きな負担であるため保険の適用外にしたいと思っている財務省
      SSST. (10/13)
    • サムスン電子について
      故人凍死家 (09/26)
    • 財務省の役人は、なぜ緊縮財政なのか?
      吉住公洋 (09/26)
    • 生乳流通改革という欺瞞と、イギリスのミルク・マーケティング・ボード
      富山の大学生 (06/05)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      師子乃 (10/02)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      mikky (12/01)

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM