株式を保有することの意味

0

    JUGEMテーマ:株式投資、FX

     

     今日は、「株式を保有することの意味」と題し、資産運用の側面と、資金調達の側面からみた株式の意味と、外国株を保有している私自身の現在の心情をお伝えしたいと思います。

     

     

     

    1.資産運用と資金調達の両サイドから見た株式の意味

     

     上場株式であれば、私たちは株式を買うことができます。株式を買った場合の法律上の権利は、下記の通りです。

    ヽ主総会での議決権等、会社の経営に参加する権利

    配当金等の利益分配を受け取る権利

    2饉劼硫鮖凝に際して、残った会社の資産を分配して受け取る権利

     

    △砲蓮配当金だけではなく、株主優待で、自社食事優待券、QUOカード、図書カード、商品券などを配布する会社もあります。また、ネット証券がやっているサービスとして貸株というサービスがあり、1日につき貸し株金利をもらえるというサービスもあります。

     

    というわけで、資産運用する側から見た場合、

    ●キャピタルゲイン(値上がり益)

    ●配当金

    ●株主優待

    ●貸し株金利

    以上のように法律上の権利に関連して、権利とは別に会社のサービス、証券会社のサービスとして、上記があります。

     

     資金調達面から見れば、株式は貸借貸借表(B/S=バランスシート)の自己資本に計上されます。公募増資をした場合、例えば、1株=1,500円で、1,000,000株を公募するなどと言う場合、1,500円×1,000千株=1,500,000千円=15億円の資金調達をするということになります。この場合、15億円全額が自己資本になります。正確に言えば、7.5億円=資本金、7.5億円=資本準備金です。時価発行増資の場合は、発行価額の2分の1を資本金に充当し、残りを資本準備金に充当します。資本金も資本準備金も自己資本となります。

     

     

     

    2.株式保有の目的とは?

     

     以前、日本では株式保有の目的は、「株式を保有することで企業を応援することである」と語られていました。私は今でもこの考え方は正しいと思っています。

     もちろん、株式を保有することで、企業の純利益(=当期未処理分利益)から、配当金が分配されます。だからといって、株主が株主の利益最大化だけを目的としてしまうと、企業経営にゆがみが生じます。

     

     もし、日本国民が日本企業の株式を保有するならば、「国民と企業が同じ共同体を共有している」ということになりますので、まだましです。日本語を話し、労働と対価としての所得で生活する国民が、日本企業の株式を保有する場合は、ある程度は自分の利益を考えるでしょうが、同時に日本の国民経済の成長にも意識が向くはずです。

     

     例えば、日本企業が国内の工場を閉鎖し、外国に移転することを計画したとして、日本人株主だったら、自分たちと同じ日本国民の雇用と所得が失われるという理由で、工場移転に反対するかもしれません。

     日本人の株主は、株主以外の日本人や日本企業と、日本国という共同体のそれぞれの一部です。だから、自分の利益も必要ですが、株主利益以外の価値観についても、他の日本人と共有する可能性があります。

     

     それに対して、外国人投資家はどうでしょうか?彼らは、日本国民と国民意識(=ナショナリズム)を全く共有しません。

     

     海外投資家で、国境を越えて移動が可能で、母国語ではなくグローバリズム共通言語の英語を話し、労働の対価としての所得ではなく、資本利益(キャピタルゲインやインカムゲイン)で生きていく投資家は、日本国民の所得拡大や福祉の充実、あるいは日本の国民経済の成長に興味はないと思われます。

     もちろん、日本国を考える外国人投資家が皆無だとは言いません。

     

     

     

    3.外国株を保有する私の考え方

     

     私の場合、日本株、ベトナム株、中国株を保有しています。中国株の中国は仮想敵国であり、尖閣問題以降、私は嫌中です。そのため、ある高速道路の会社の株を4,000株保有していましたが、2,000株を売却しました。

     

     幸いにも株価は取得価額よりも倍以上になっていましたので、投資額以上に回収し、現在保有している2,000株はタダ株です。日本株についていえば、できる限り配当を増やさず、将来への投資、従業員の処遇改善に、利益を使って欲しいと願っています。なぜならば、私は日本人であり、日本で死にます。長期にわたって日本経済が反映するためには、生産性向上のための投資、従業員の賃金UPの両方を達成した方が、結果的に一株当たり利益が上昇し、株価が上昇すると考えるからです。

     

     ですが、中国株は違います。私は中国語でカラオケも歌います。2010年7月に上海万博にも行きました。尖閣問題が起きるまでは、中国が好きでしたが、今は嫌中。国益を考えますと、中国人とは仲良くしない方がいい。だから、高速道路の株式2,000株については、既にタダ株なので投資額回収しているので破綻してもOK。

     

     ついでに言えば、中国人が幸せになろうと不幸になろうと関係なく、配当金をたくさん出して欲しい!と思います。

     なぜならば、配当をたくさん払わせた方が、投資する金額が抑制され、長期的に中国の国力が弱くなる一方、短中期的には配当金を多くもらえます。タダ株の2,000株を保有するだけで、より多くの配当がもらえるとしたら、ありがたい。でも、中国の経済なんて発展しなくてもどうでもいいと思っています。むしろ軍備拡大をして欲しくないかから、経済成長しないで、発展しない方が日本にとっては良いと思っています。

     

     同じ海外株でもベトナム株は、少し異なります。南沙諸島などで中国からいじめを受けている。自分たちは戦闘機や潜水艦を作る技術がない。だから日本の自衛隊に守って欲しいという思いもあるでしょう。

     

     1975年〜1979年にカンボジアでポルポト派がカンボジア国民に大変な人権弾圧をしていて、ベトナムにも侵攻した際、逆にベトナムが激怒してカンボジアに侵攻しました。その背後から、中国がハノイを攻めてきました。ベトナム軍は、すぐにハノイに向かい中国軍と戦って勝利を収めました。これが中越戦争です。

     

     従軍慰安婦というウソの歴史を撒き散らす韓国。その韓国はライタイハンというベトナム人女性に婦女暴行の多数を働き、その子供がライタイハンとなって、差別を受けています。ライタイハンは、大変悲しい話です。韓国とはひどい国だということがよくわかります。

     

     またベトナムは、ソ連・中国の支援を受けた北ベトナム軍と、欧米の支援を受けた南ベトナム軍に分かれ、ベトナム戦争が繰り広げます。米国軍に枯葉剤を撒かれました。ベトちゃんドクちゃんという奇形児問題の元になりましたが、戦争の結果としては北ベトナム軍が米国を打ち負かします。

     

     ベトナムは、ベトナム戦争、カンボジア侵攻、中越戦争と、第二次大戦後負けなしです。そして、江戸時代の鎖国下にあっても、日越交易というのが行われていました。今もなお、親日の人が多い。そんなベトナムに私は親近感を抱いております。

     

     そんなわけで、2006年9月からベトナム株を買い、今もなお保有を続けていますが、ベトナム株だけはベトナム人にも幸せになって欲しいと思っています。ベトナム株は外資規制があって、外国人投資家は、49%までしか保有ができません。一部の銘柄で、この規制を外している動きもあります。

     私は、ベトナム人の幸せ(経済成長・経済発展・一人当たりGDPの上昇)を考えるのであれば、この規制は継続した方がいいと思っています。

     

     

     というわけで、今日は「株式を保有することの意味」を自分なりに考えてみました。私のような気持ちでベトナム株を保有している人、きっと少ないと思います。日本株についても、「配当を増やさなくていい!」なんて発想で株式投資している人は少ない。

    大概は、配当利回りがイイからという理由で、配当利回り3%台〜5%台の大型株を買ったりする人が多いと思います。

     でも日本国で生活するのであれば、企業が中長期的にわたって発展して欲しいと思うわけです。何しろ日本語をしゃべり、日本で生活していますので。

     私は、初めての海外旅行が32歳でベトナムのホーチミンでした。そこで証券口座を開設し、今に至るわけですが、ベトナムは私のお気に入りの外国の一つです。

     もちろん、資産運用ですので、株価が急落されるよりは、上昇した方がいい。でも、配当を増やすのは将来の成長の原資を減らすことになるので、反対というのが私の立場です。企業が設備投資することで、その投資が成功し、一株当たり利益が成長する、そのことこそ、真の株主還元になると思うのであります。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    selected entries

    recent comment

    • 生乳流通改革という欺瞞と、イギリスのミルク・マーケティング・ボード
      富山の大学生 (06/05)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      師子乃 (10/02)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      mikky (12/01)

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM