TPP水準を巡る日本とEUのEPA(経済連携協定)の攻防

0

    JUGEMテーマ:TPP

     

     今日は「TPP水準を巡る日本とEUのEPA(経済連携協定)の攻防」と題し、TPPを批准してしまったことによる問題点を述べたいと思います。

     

     下記は読売新聞の記事です。

    「読売新聞2017年06月16日 09時56分 パスタ関税「TPP以下」調整…日欧EPA

     日本と欧州連合(EU)による経済連携協定(EPA)の交渉で、政府はスパゲティなどのパスタ類について、関税の大幅引き下げを容認する方向で調整に入った。

     環太平洋経済連携協定(TPP)での合意水準を超える引き下げを提案する。

     EUから輸入されるスパゲティやマカロニに対する関税は、現在1キロ・グラムあたり30円だが、TPPに盛り込んだ12円を下回る水準に引き下げる。交渉の焦点である自動車やチーズの関税などでEUに譲歩を求める狙いだ。国産パスタは原料のほとんどを輸入小麦に頼っており、関税引き下げでパスタの輸入が増えても、国内の農家への影響が少ないという事情もあるとみられる。(後略)」

     

     日本とEUで、EPA(経済連携協定)の交渉が続いており、日本がチーズや豚肉などの畜産品に課している関税についての議論が大きな焦点になっています。日本はTPPで合意済みの水準以上の譲歩をすることは難しいという立場ですが、EUがさらなる引き下げを求めていて、着地点が見えない状況となっています。

     日本とEUのEPAが実現すると、世界のGDPの27.8%、貿易総額38%という巨大な貿易協定になります。トランプがTPPを離脱表明したことで、EPAを取り巻く環境は一変し、EPAの外交的重要性が格段に高まってきていると記事では報道されています。

     

     EUが畜産物の市場開放に拘るのは、チーズ・ワイン・豚肉で高い国際競争力を持つ国が多いからです。逆に自動車の関税の早期撤廃を勝ち取りたい日本は、こうした畜産物の関税について、ある位程度譲歩する必要があるという構えを見せていて、その度合いをどこまで譲歩するか?ということになっています。

     

     はっきりいって、「こうなるに決まっているでしょ!」と言いたくなります。日本はTPPを国会で批准してしまっています。結果、そこから「少しオマケしてよ!」的な感じで、「どこまで譲歩するのですか?」という交渉になっちゃうのは必然です。

     

     TPPが「ここの水準までで、あとは妥協しませんよ!」というのは日本側から見た話ですが、反対側の相手国から見れば、日本がTPPを批准しているので、「少しオマケしてよ!」という交渉になるに決まっているのです。

     

     そもそも日本がTPPを批准した理由、それは自民党の政治家も安倍総理もそうですが、「ここまで譲らないという意思表示だ!」ということだったのではないでしょうか?そうだとすれば、「貿易交渉でTPP以上は絶対に譲らない!」と宣言するべきです。

     ですが、宣言しません。だからTPPは「ここまでは譲らないと意思表示だ!」というのはウソなんです。売国かレントシーキングによる働きかけか?と疑わざるをえません。

     もし、高らかに「貿易交渉でTPP以上は絶対に譲らない!」と宣言すれば、「あ、日本はそこまでなのね!」となるわけですが、それを言わないから、こうなるのは当たり前、必然なんです。

     

     

     というわけで、今日は「TPP水準を巡る日本とEUのEPA(経済連携協定)の攻防」と題し、TPPを批准してしまっていることによる日本の弱みを述べました。私はデフレであるがゆえに、そして食料安全保障、防衛安全保障などの日本国の安全保障の観点から、自国で自立していることが望ましいと考えているので、TPPで海外から安く物が手に入るとかメリットを感じません。むしろデフレの我が国において、他国からの安い製品が入ってくることは、デフレ脱却を遠のかせるだけ、デフレを促進するだけです。

     輸出を伸ばすにしても、為替が20%とか変動すれば吹っ飛ぶ水準。GDPで純輸出が50%超の輸出大国の韓国も関税でゴリゴリやるのではなく、自国通貨安を武器に輸出を伸ばしていきました。

     そうした世界の状況を見れば、私にはTPPのメリットは、微塵にも感じないのです。今回のニュースで言えば、酪農家と自動車産業で言えば、どっちも大事ですが、酪農家がつぶれて良くて自動車産業を伸ばすべきです!というのは、食料安全保障を考えた場合、私はどうしても賛成することができないのです。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM