「所得税を減税しないと富裕層が逃げていく!」は本当か?

0

     

    アベノミクスと直接関係ありませんが、
    ・富裕層の所得税を減税させる
    ・株価を上げる政策を推進する
    そうすれば富裕層が消費を増やして景気が良くなる=いわゆるトリクルダウン理論は嘘です。

    「所得税を増やしたら富裕層が逃げていく」なんてのは、ほっておけばよい。「私は富裕層なので海外に逃げる」という人には、「どうぞどうぞお逃げください。」とでも言ってやればよいです。

     たとえ海外に居住しても、日本に源泉のある所得(日本で稼いだ所得)であれば日本で課税されます。日本に税金を払わなくてよいのは、日本人が海外に居住し、海外に源泉のある所得を得た場合(海外に居住し海外で稼いだ場合)だけです。

     個人が逃げるというのは、個人が海外に移住することを意味すると考えますが、考えるほど容易ではないです。所得税は住所が日本になくても所得の源泉が日本にあれば課税されます。住所を移すことは可能であったとしても、所得の源泉を日本国外に移すのは容易ではありません。

     企業役員や弁護士、会計士などのプロフェッショナル、個人投資家、不動産所有者は、所得の源泉を移転することはほぼ不可能です。所得移転しようとしてもすぐ目立つのでばれます。
     実際に逃げることができるのは、学者やスポーツ選手(それもごく一部の超一流選手)くらい。超一流学者は日本では活躍できず、彼らが流出しても日本に損害はありません。スポーツ選手が流出しても、彼らが外国人になるわけではなく、日本に戻ってくるので外貨を稼ぎに行っただけで日本に損害はありません。
     所得税が高かろうが逃げる人などほとんどいませんから、日本政府がビクビクするような話ではないです。

     ただ租税回避や脱税に必死になるでしょうから、租税回避や脱税ができないような法制度の研究する必要はあります。

     租税回避と脱税は紙一重で、税理士や弁護士に聞いてもほとんどの一般人は理解できていません。脱税にならないスキームを構築できるのは、税理士や弁護士の内のほんのごく一部の人だけです。さらにややこしいのは税金を安くしますと言ってくる税理士はたいてい偽物で、言うとおりにやって脱税で捕まるケースも多い。租税の素人が脱税回避のプロを探すことは容易ではなく、海外に逃げるのは簡単ではありません。失敗したら大損、下手すれば犯罪者。それほどの覚悟で海外に逃げる人がどれだけいるのでしょうか?

     日本は貧富の差がなく、治安もよい。そして食べ物もおいしく安全です。
    他国と比べて、日本ではどんなに辺鄙なところで生まれ育とうが、住民登録されて義務教育を受けられます。日本で当たり前のことが海外では当たり前ではないです。(日本ではどこで生まれても平均的な日本人になれます。)

     百歩譲り、ご家族全員が外国語に堪能で外国の法律に詳しく、外国暮らしが苦にならないのであれば移住するのも一つの選択肢です。ただ、日本国籍を捨てない限り相続税から逃れられません。誰でも日本人ではなければならない義務などないですから、自由に国籍を選べばよいのです。

     税金を支払いたくないという理由で国籍まで変更する人は極めて少数です。そういったマイノリティを取り込むために税率を下げるよりも、マイノリティの存在を無視した方が国家財政にとっては有益です。

    「所得税が高いから嫌だ!」
    「国の借金を、大切な我が子、将来の孫にツケを残されるのはゴメン!」
    「だから、日本を捨てて海外に逃げます!」なんていう人には、「どうぞどうぞ日本国籍をお捨てになって海外にお逃げください!」とでも言ってやりましょう!

    「所得税や法人税などの直接税を下げなければ、富裕層や企業が逃げる!」などというウソを言ってはいけません。

    所得税や法人税は不安定財源なので、安定財源である消費税を増税すべきというフレーズに騙されてはいけません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      師子乃 (10/02)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      mikky (12/01)

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM