KYBの免振・制振装置の検査データ改ざん問題

0

    JUGEMテーマ:経営

     

     今日は「KYBの免振・制振装置の検査データ改ざん問題」と題して論説します。

     

     KYB(証券コード:7242)がどういう会社か?みてみましょう。

     

    『東洋経済新聞社 会社四季報 2018/10/31号

    【特色】1948年設立の油圧部品メーカー。 自動車用ショックアブソーバと 建設機械用シリンダー、 ポンプが中心。 バイク用や鉄道用、 防衛省の航 空機用の油圧機器も製造。 自動車用ショックアブソーバは国内シェア6割。 筆頭株主のトヨタ自動車が主取引先だが、 内外でカー用品店を通じた市 販も。 建設機械用油圧機器ではパワーショベル用シリンダで高シェア。 ミ キサー車製造も。 国内は岐阜県に主力工場。 中国、 北米、 スペイン、 チェコ、 タイ、 メキシコなどで生産。』

     

    <最新業績情報>

    (出典:日興コーディアル証券)

     

     

     上記の通り、KYBという会社は、自動車用のショックアブソーバー、建設機械用シリンダーなど、交通インフラをはじめとする機械や防衛省用の航空機用の油圧機器まで手掛けているという点で、日本にとって存在が不可欠な会社であるといえます。何しろ自動車用のショックアブソーバーは国内シェア6割です。

     

     そのKYBで、免振・制振装置の検査データに改ざんがあったというこの事件は、大変残念なことと思います。

     

     2018/10/16付の適時開示情報において、KYB社とその子会社が製造した免振・制振装置に、検査データの改ざんがあり、国交省の基準や顧客の性能基準に合わない製品を出荷していたと発表しました。

     

     不適合の疑いがあるものとして、マンション、病院、庁舎など、全国47都道府県の建物およそ1,000件で使われているとのこと。国交省によれば、震度7程度の地震でも倒壊する恐れはなく、安全性に問題はないとしていますが、仮に揺れが大きくなったり、取り付けている部品が少し壊れたりする可能性もあり得るため、決して安心できるものではないでしょう。

     

     東洋ゴム工業の免振ゴムでも事件が発生しましたが、「またか!」と思われた方も多いかと思います。もちろん改ざんというカテゴリーで考えれば、日産自動車、神戸製鋼、日本ガイシなどもありました。

     

     少し話し戻しますが、そもそも多くの建物において、免振・制振装置を付けることはありません。とはいえ、この建物は絶対に倒壊してはいけないということで、敢えて追加の費用を払って免振・制振装置を付けていくという経緯があります。

     そのため、それが基準に満たしてなかったとなれば、何のために装置を付けたのか?ということになるわけです。

     

     KYBによれば、2000年3月〜2018年9月までに製造されたもので、具体的には「オイルダンバー」「免振・制振の油圧」に改ざんの疑いがあったとのこと。2000年3月となれば、実に18年間も・・・ということになります。

     

     この免振・制振装置を付ければということで、病院などの建物の揺れが少ないという安心を生むはずなのに、18年間も裏切られ続けてきたというのは、大変ショックな話です。

     

     KYBのこの事件で一ついえることがあるとすれば、たとえ基準を満たさなかったとしても、技術者側に一定の最低限のモラルがあれば、「基準は厳しいから少し基準に満たなくても、この程度なら大丈夫であろう!」という職人的な感覚があってこうした事件になったのか、そもそも「そんなの関係ねー!やっちゃえ!」と職人的な感覚なしでこうした事件になったのか?データ改ざんのランクがどの程度なのか?ということです。

     

     もちろんコンプライアンス基準が厳しすぎるから大丈夫だろうということでやったとしても、コンプライアンス上は法令違反ということになりますが、改ざんのランクがどの程度なのか?は個人的に気になるところです。

     

     また、大地震がきたときに倒壊するか否か?も重要ですが、改ざんの手口は、性能検査で適正なデータが出ない場合に、検査員がデータに不適正な係数を加えて、適正な数値になるよう操作していました。なぜそんなことをしたのか?といえば、納期を意識して書き換えたという証言があります。

     

     製造したダンパーは販売前に検査し、そこで国の基準と顧客が求める性能を満たさなかった場合は、バンパーをもう一回分解して調整して改めて検査するということを繰り返します。これには5時間程度かかってしまうため、納期に間に合わないというケースが想定されます。そこで時間を省くために改ざんを行ったという証言があるのです。

     

     今回の改ざんのランクが、多少改ざんしたが大丈夫なレベルなのか?データに加えた不適正な係数とやらば、「まぁぶっちゃけ大丈夫な係数!」なのか「トンデモ係数!」なのかによって、対応がかなり変わることになるでしょう。

     

     今日この瞬間に大地震がきたときに倒壊するか否か?でいえば、係数がどの程度の係数なのか?は非常に大事です。コンプライアンス的も法律的にもアウトだったとしても、職人からみて「ぶっちゃけ大丈夫係数」であれば倒壊しないだろうということであれば、まだましといえるからです。

     

     とはいえ、早く速やかに取り換えしなければなりません。なぜならば、免振制振は普通の建築物には付けません。大体は耐震が必須と考えられる病院や庁舎などの重要な建築物につけるものだからです。

     例えば、スカイツリーが大地震でポキッと折れるようなことがあれば、大災害となって大変なことになります。決して笑い事ではなく、これはダメです。

     

     

     というわけで今日は「KYBの免振・制振装置の検査データ改ざん問題」について取り上げました。

     免振・制振装置は、消防署などの災害発生時に危険となるようなところにも入れています。本当ならば、建築の耐震技術の専門家らが、「コンプライアンス上、法令上は基準未達だが、この程度の係数であれば大丈夫!」といってくれれば少し安心できます。

     KYBは東証1部上場企業であり、ショックアブソーバーは日本国内で6割のシェアで世界でも2割が搭載されているといわれています。もちろん免振・制振装置もトップクラスです。

     証言では納期が原因ということでありますが、納期が遅れてもある意味仕方ない話であり、納期の遅れを恐れて装置を入れ直すとなれば、それぞれの建物でオフィスの人がいったん外に出なければいけないということも想定されます。

     たった5時間をケチったことでとんでもない損害が発生することになることが予想され、今回の事件が経営や社会にどのような影響を与えるのか?気になるところです。

     

    〜関連記事〜

    日産自動車の無資格従業員の新車検査問題と神戸製鋼の品質データ改ざん問題


    アジア諸国の最低賃金引き上げに、日本企業はどう立ち向かうべきか?

    0

      JUGEMテーマ:海外進出

      JUGEMテーマ:グローバル化

       

       今日は日本経済新聞の記事を取り上げ「アジア諸国の最低賃金引き上げに、日本企業はどう立ち向かうべきか?」と題して論説したいと思います。

       

       下記が日本経済新聞の記事です。

      『日本経済新聞 2018/10/28 01:31 最低賃金上げ、アジア席巻「人気取り政策」外資警戒

       東南アジアの各国が法令で定める最低賃金を大きく引き上げている。新興国の賃上げは消費の市場を広げるが、生産性の伸びを上回る賃上げは外資の投資を鈍らせる恐れがある。自国民の優遇を強める政権の姿勢が背景にあり、労働力が安価なカンボジアの最低賃金も数年後にはマレーシアなどに追いつく。新興国のポピュリズム的な政策を前に、日本企業もアジア進出の戦略見直しを迫られる。

       輸出品の6割を縫製業が占め、日本記号の進出も続くカンボジア。アートネイチャーは2017年に、現地のかつら縫製工場を香港企業に売却した。新設からわずか3年で方針転換した要因の一つが、人件費の上昇だ。

       縫製業や製靴業に適用する18年の最低賃金は前年比11.1%増の月170ドル(約1万9千円)。12年の3倍近くに上がった。フン・セン首相は3月、23年までに最低賃金を月250ドルに上げると表明。実現すれば、東南アジア諸国連合(ASEAN)では早く成長したマレーシアと並ぶ。

       カンボジアでは2月の上院選、7月の国民議会選で与党カンボジア人民党(CPP)がすべての議席を獲得した。一党独裁となったフン・セン政権が進めるポピュリズム政策が、賃金を押し上げる。

       ミャンマーでも5月から最低賃金が33%上がり、1日につき4800チャット(約350円、8時間労働)となった。海外ブランドの縫製請負は人件費が原価の7〜8割を占める。ミャンマー縫製業者協会のミン・ソー会長によると、約550カ所の縫製工場のうち10カ所前後がコスト高などで閉鎖に追い込まれた。

       アウン・サン・スー・チー国家顧問が率いる国民民主連盟(NLD)は20年に政権党として初めての総選挙を迎える。政権は半ば強権的に国民の生活水準を上げる政策に取り組むが、ミン・ソー会長は「工場の生産性が低く、賃上げが進めば多国との競争に勝てなくなる」と危惧する。

       最低賃金は国などの行政機関が定め、企業はその水準を守る必要がある。日本でもアジアでも位置づけは変わらない。貧しい人も多いアジアでの賃上げは購買力を向上させ、市場が拡大して先進国にも恩恵が及ぶ。だが、経済成長率や物価の伸びとかけ離れた賃上げは企業のコストを圧迫し、かえってアジアへの投資を鈍らせる恐れがある。

       日本企業も危機感を強めている。日本貿易振興機構(JETRO)によるアジア・オセアニアに進出した企業への調査では、18年の営業利益が悪化する理由に4割の企業が人件費の上昇と回答した。ミャンマーに進出する企業を支援するトラストベンチャーパートナーズの後藤信介代表は「生産性の向上を置き去りにしたまま賃金が上がっている」と指摘する。

       生産性の伸びに見合う賃上げを目指す動きはある。生産拠点として注目されたベトナムは15年に輸出額がインドネシアを抜き、最低賃金は11年比で2倍超になった。中国などと比べたコスト面の優位は薄れている。19年の最低賃金は前年比5.3%上昇の見通しで、16年まで続いた2桁の伸び率からは落ち着いた。

       一方で足元では多くの新興国が米国の利上げに伴う通貨安に見舞われている。ミャンマーなどは輸入に頼る日用品が値上がりすると、働く人から賃金上げの要望が強くなる。

       世界最貧国の一つであるラオスも18年は最低賃金を月額110万キップ(約1万5千円)に22%上げた。12年比では2倍だ。米利上げの影響で通貨安になり、輸入品が値上がりして物価が上がった。一党独裁が続くラオスでも、政権は国民が不満をためないことを重視する。賃上げをしなければ、労働者が他国に流出する懸念もある。

       マレーシアのマハティール新政権は19年1月、全国統一で最低賃金を引き上げる賃金の低い外国人労働者の増加がマレーシア人の給与を低く抑えているとみて、選挙で賃上げを公約していた。公約通りなら5年以内にさらに43%上がる。

       「世界的にポピュリズムの傾向が出ている」(野村総合研究所の木内登英氏)なかで、自国民を優遇する政策は賃上げに向かいやすい。だが生産性の向上が置き去りになれば「人手に頼る資源投入型の投資はいずれ行き詰まる」(みずほ総合研究所の小林公司氏)。

       アジアの成長もポピュリズム的な政策が壁になるのか。世界経済の不確実性は、アジアでも着実に広がっている。(中村結、ヤンゴン=新田裕一、ハノイ=大西智也)』

       

       

       このニュースを見て思うこと。それは、いい加減に人を安く使って利益を出すという発想を、そろそろ止めませんか?ということです。東南アジア諸国の各国が法令で最低賃金を上げるということ自体、国家の主権で行うことであり、それをポピュリズムなどと批判することは、内政干渉に他なりません。

       

       日本の真の国益を考えた場合、海外で低賃金の労働者を安く使って、そこで製造した製品を逆輸入で日本に輸入するということが、どれだけ国益を損ねているのか?と考えます。

       

       その一方、上記記事に記載の通り、野村総合研究所の方のコメントが出ていますが、”ポピュリズム”という言葉を使い、ネガティブにコメントしています。

       

       グローバリストと呼ばれる人々の発想では、米国のトランプ大統領や英国のメイ首相やフランスのマリーヌルペンといった人々に対して、過激なナショナリズムを醸成する人たちというレッテル貼りをすることが多い。2年前に私が楽天証券の主催のセミナーで竹中平蔵氏が講演したとき、ちょうどブレグジットが話題になっていまして、「過激なナショナリズム」という言葉を使っていました。

       

       グローバリストが称賛する企業には、ニトリやファーストリテイリングといった企業を称賛することが多いと思います。

       

       とはいえ、日本の企業が海外に出なければ、コスト競争力で負けるという論説は間違っています。

       

       理由は単位当たり労働コストという考え方があるからです。

       

       単位当たり労働コストというものを考えてみましょう。

       

       例えば中国では、一人当たりの人件費が100円だったとして、一人が鉛筆を100本製造できるとしましょう。この場合の中国の単位当たり労働コストはいくらになるか?

       

       100円÷100本=1円 となります。

       

       もし日本では、一人当たり人件費が1000円だったとして、一人が鉛筆を10000本製造できるとしましょう。この場合の日本の単位当たり労働コストはいくらになるか?

       

       1000円÷10000本=0.1円 となります。

       

       上記をみて、どう思われるでしょうか?

       

       日本人は人件費だけをみれば、中国の10倍です。単純に人件費100円と1000円であれば、1000円の日本は人件費のコストが高いといえます。

       

       ところが、鉛筆を10000本製造できるとなると、鉛筆一本当たりの労働コストは0.1円と十分の1になります。

       

       では、日本の方が0.1円と中国の1円よりも単位労働コストが安いのはなぜでしょうか?

       

       絶対にありえませんが、生物学的に物理学的に、例えば日本人は千手観音菩薩のように手と足が10本余計にあって、中国人は手と足が2本ずつだったということではありません。

       

       考えられるのは、日本は設備投資で最新鋭の機械を導入し、教育レベルが高く、能力開発費も十分に蓄積されているということ以外にありえません。教育レベルという点では、国家がサービスとして提供する義務教育も含まれます。つまり資本をそれだけ投下した投資(国家が提供する義務教育を含む投資)の蓄積の差ともいえるのです。

       

       そのため、日本人の人件費が、たとえ東南アジア諸国の人々の賃金に比べて10倍高かったとしても、企業が最新鋭の設備投資を行い、能力開発費などの人材投資にお金を投ずることで、単位当たり労働コストは逆に10分の1にまで下げることができるのです。

       

       コストで10倍差が付けば、海上輸送などのロジスティクスの費用(日本から海外に輸出する費用)のハンデがあっても、日本で製造した場合であったとしても十分にコストで勝つことが可能です。

       

       単位当たり労働コストの格差は、別に10倍が最高と決まっているわけではありません。より従業員を教育し、最新鋭の設備を導入することで、20倍、30倍と差を付けることも可能です。

       

       ところがこうしたことを知らずしてか、日本企業は海外の安い人件費を求め、日本で工場を閉鎖して、海外に工場を作るということをやってきました。当然海外の工場では、現地の人々を安く雇い、品質を日本国内に勝るとも劣らないくらいにまでレベルを引き上げるということをやります。この場合、本来日本人が得るべき雇用・所得を得られず、海外の人々が雇用・所得を得ることとなります。

       

       とはいえ、日本経済新聞の記事の通り、東南アジアの発展途上国でも、自らの主権で自らの国民の生活レベルを上げようと最低賃金の引き上げをする旨のトレンドが明確になってきました。

       

       いい加減に日本企業も、人を安く使うという発想を捨て、むしろ日本に戻って日本に工場を作り、設備投資や日本人従業員に人材投資をすることで単位労働コストを引き下げていくといった取り組みをする必要があるのではないでしょうか?

       

       

       というわけで今日は「アジア諸国の最低賃金引き上げに、日本企業はどう立ち向かうべきか?」と題して論説しました。上述の設備投資や日本人従業員への能力開発費などの投資の成果が上がりやすい環境にするためには、デフレ脱却が必須です。モノ・サービスを値下げしなければ売れにくい状況では、投資しても成果が出にくいわけです。そのためにも政府はデフレ脱却を急ぐ必要があることを、改めて申し添えたいと思います。

       

       

      〜関連記事〜

      国家間・企業間における真の競争力とは?(「単位労働コスト」について)


      「株式持ち合い」は本当に悪いことなのか?

      0

         

         今日はコーポレートガバナンスについて意見したく、”「株式持ち合い」は本当に悪いことなのか?”と題し、論説します。

         

         昨年2017/08/16に、トヨタ自動車がマツダと株式を500億円持ち合うというニュースが日本経済新聞で報じられました。まずはこのニュースの記事をご紹介します。

         

        『日本経済新聞 2017/08/16 16:34 トヨタとマツダの「持ち合い」

        トヨタ自動車マツダが資本業務提携で合意したと発表したその日、旧知の海外投資家から1通のメールが届いた。

        業務提携は解るが何故500億円の同額の株式持ち合いが必要なのか。アベノミクスでは、コーポレートガバナンス強化のため持ち合い株は削減する方針ではなかったのか。トヨタがマツダ株を5%持つということは、マツダにとっては安定株主が増え、トヨタにとってはマツダを系列化したという意味か」と畳み掛けるような論調である。

         慌てて両社の発表文を読むと「両社の長期的なパートナー関係の発展・強化を目指すとともに、両社の対等、かつ独立性を維持した継続性のある協業を追求する」ことが目的であるとしている。また、出資金の資金使途は、それぞれが米国での生産合弁会社の設備投資資金に充てるという。記者会見でもまず株式持ち合いの意味が問われ「持続性を持った協力関係を構築するための資本提携」と両社長は答えている。

         株式持ち合いには常々、資本の空洞化、株主による経営監視機能の形骸化、企業統治の弱体化などの問題が指摘され、コーポレートガバナンス・コードの議論でも、株主の実質的な平等性の視点から、その弊害が強調されている。また、日本再興戦略に基づき、スチュワードシップ・コードでは機関投資家に「対話を通じた企業の中長期的な成長を促すこと」を求めている。株式持ち合いはこうした活動を空洞化する。

         とりあえず、発表文や記者会見の模様に沿って返信すると、直ちに「日本は系列や株式持ち合いは経済の発展にとってマイナスだと宣言したのではなかったのか。株の持ち合いは日本にしかない慣行で、他の株主の権利を毀損する行為だ。資金使途は互いの株の持ち合いじゃないか。株の持ち合いで希薄化を生じさせるのはおかしい」との返信。その後も提携の全体像を見て判断すべきだなど、何度かメールをやり取りしたが、一向に納得することはなかった。

         ようやく夕食の席につくと妻からの質問。「ねぇ、テレビで見たけど、トヨタとマツダの提携ってなんでお互いに株を持つの?」

         きっと日本を変えるのは外国人と女性に違いない。つくづくそう思えた夕げであった。(万年青)』

         

         

         上記の記事がもとになったのは、2017/08/04に報道されたトヨタ自動車とマツダの500億円の資本提携発表の記事がもとになっています。それを受けて、日本経済新聞社は、この資本提携のための株式持ち合いについて、ネガティブに報じています。赤字で書いている部分が、まさにネガティブな論説です。

         

         このネガティブな論説について反論させていただきます。

         

         私はこの持ち合いは、中長期的に日本の国益を考えた場合、正しいと考えます。

         

         株式の持ち合いが資本の空洞化につながるとの指摘は、そもそもどういうことかといいますと、持ち合った株式は売らないことが大前提になります。

         

         このため、業績が振るわなくなって一株当たり利益が減少するなどして株価が下がったとしても、持ち合われている分の株式は売られないということで売り圧力が、持ち合う場合と持ち合わない場合とで比較して相対的に低いということです。

         

         株主総会で会社側の提案が通りやすくなることもあり、経営に失敗した取締役が選任されて高額報酬を手にするという指摘もあります。

         

         この株式の持ち合いというのは、いつから始まったか?と言いますと、財閥の持ち株会社が様々な株式を保有していた過去があり、戦後にGHQが財閥解体を命じています。財閥の力が軍国主義の背景の一つとGHQは考えていたのです。この財閥解体で放出される株式の受け皿として、政府や証券業界が株式保有を促進し、証券民主化運動の流れで、個人の持ち株も増えていきました。1949年には69%にまで個人の持ち株比率が高まったとされています。

         

         その後、日本企業への投資の自由化があり、外資による日本企業の買収の脅威が浮上し、企業がその対応策として売らないことを前提とした株式持ち合いを始めたのです。1990年代以降バブル崩壊で、持ち合い株で損失が発生し、財務改善のために持ち合い株式が解消されてきたという経緯を辿って今日に至っています。

         

         2000年代に入りデフレ期に突入すると企業業績が伸び悩み、また海外企業と比べて稼げなくなったとされて、コーポレート・ガバナンスの在り方というのが、経済産業省を中心に探ってきました。

         

         ガバナンス強化という観点からは株式の持ち合いはよろしくないとされているわけですが、その理由は株式持ち合いによって業績が振るわなくなっても売り圧力が弱まるので緊張感が和らぎ、経営への規律が整わなくなるとしています。

         

         昨今では、半導体のDRAM専業のエルピーダメモリー、軍事で使われるフラットパネルディスプレイを製造するシャープ、原子力発電所プラントの技術を持つ東芝といった国力を担っている企業が、デフレに苦しみ、経営破たんや外資に株が買われるといった事態が発生しています。

         

         シャープでいえば鴻海は台湾企業だから大丈夫なのでは?という意見を持つ方もいるかもしれませんが、台湾もまた人の移動の自由などの理由で中国人が入り込んでおり、鴻海は中国企業であるとも言われています。日本以外の国の企業に買われるとすれば、仮にアメリカの企業に買われたとしても、その後経営不振で中国企業に買われてしまうということなど、普通にあり得る話です。

         

         何がいいたいかと言えば、マツダは経営が苦しい時期がありました。トヨタとマツダが提携して助け合って、今後進展するであろうEVなどでの投資を一緒にやっていくというのは、決して悪いことではなく、むしろそのために持ち合うというのはよいことであると私は思うのです。あまり想定したくないですが、マツダが経営状態が悪くなったとして、エンジンに技術力があるマツダが外資に買われるとすれば、それは国力の毀損です。それを民間企業であるトヨタが救済しやすくなるという側面があると考えております。

         

         また株の持ち合いが少数株主の権利を希薄化して毀損するとのことですが、今回のトヨタとマツダの資本移動をみますと、マツダに対しては正しいかもしれません。下記はトヨタとマツダのそれぞれの資本移動の状況です。

         

        <2018/03/25時点のトヨタ自動車(証券コード:7203)の資本移動の状況>

         

        <2018/03/25時点のマツダ(証券コード:7261)の資本移動の状況>

         

         上記のうち、マツダの資本移動で、2017年10月に「三社3192万株(1566円)」という表記があります。これは第三者割当増資によって1,566円で31,920千株の株式を新たに発行したということを意味します。

         

         1,566円×31,920千株=49,968,720千円≒50,000百万円=500億円です。

         

         では、トヨタ自動車はなぜ資本移動にその表記がないかといいますと、これは自己株式を原資にしていると報道されています。商法改正で金庫株ができるようになってから、上場企業は自社株買いをした後、いったん金庫株として自己株式とします。自己株式はそのまま金庫株とするか償却するかという選択肢があります。

         

         償却した場合、発行済み株式数が減少する結果、一株当たり利益が上昇しますので、株式の理論価値が上昇します。一方で金庫株の場合は、将来、金庫株を公募で売り出して資金調達したり、M&Aで買収する際の株式交換で使うなどすることができます。昔は企業を買収する場合はキャッシュでしかできなかったのですが、自己株式を対価として買収することが可能になったのです。

         

         自社株買いをするケースとしては、デフレで投資できる環境にないと判断する経営者が、株価が低迷しているときに余ったキャッシュを使って自社株買いをしたりします。自社株買いをして金庫株にしておけば、償却はいつでも可能ですし、いざM&Aが必要ともなれば、金庫株にしている自己株式を株式交換で対価として使うことも可能です。

         

         設備投資しても儲かりにくいデフレ環境においては、設備投資するくらいなら安くなっている自社株を買っておこうとするのは、株主にとってもメリットがあるので悪くない資本政策です。

         

         少し話を戻しまして、トヨタ自動車の場合は、マツダのように新株発行せず、自社株買いをした株式をマツダに特定して500億円分の株式を放出したということが、マツダの資本移動とを見比べてみればわかります。金庫株にしている自己株式をマツダに放出するというファイナンス手法では、発行済み株式数の増減はありませんので、資本移動が発生しないのです。

         

         株式の希薄化とは、企業が資金調達する際、銀行借入や社債発行などの負債勘定による資金調達(デットファイナンス)ではなく、株式発行を伴う自己資本勘定による資金調達(エクイティファイナンス)を実施した場合に起こる事象です。発行済み株式が増えることで、一株当たり利益が減少しますので、それまで保有していた株主からみると、価値が毀損しているということになります。

         

         マツダの場合は希薄化するというのは正しいですが、トヨタ自動車の場合は希薄化も何もありません。確かにマツダの既存の株主にとっては一人当たり利益が減少する点では希薄化というデメリットが出ます。とはいえ、マツダが単独でEVのための投資ができるのか?研究開発費をねん出できるのか?と考えた場合、世界トップのトヨタと提携することは、それなりにメリットがあるとも考えられ、肯定できる提携だと思うのです。

         

         

         というわけで昨年の夏に報道されたトヨタ自動車とマツダの500億円の資本提携について紹介し、株式持ち合いについて私見を述べさせていただきました。コーポレート・ガバナンスという経済産業省の作成する教科書でいえば、株式持ち合いは悪いことなのかもしれません。とはいえ経済産業省が、デフレを放置していることこそが企業業績不振の真因であることに気付かない限り、間違えた教科書を作り続けることになるでしょう。国力強化と技術力・ノウハウの品質向上、技能継承を考えた場合、外資に買われても自己責任とか、市場に委ねるのが正しいなどと、株式持ち合いは悪であるとする論説が正しいとは、私には全く思えないのです。


        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>

        スポンサーリンク

        ブログ村

        ブログランキング・にほんブログ村へ
        にほんブログ村

        recent comment

        • 英語教育について(トランプ大統領の演説を誤訳したNHK)
          永井津記夫 (12/07)
        • ハロウィーンは日本のお祭りとは違います!
          ユーロン (11/12)
        • オプジーボが医療財政の大きな負担であるため保険の適用外にしたいと思っている財務省
          SSST. (10/13)
        • サムスン電子について
          故人凍死家 (09/26)
        • 財務省の役人は、なぜ緊縮財政なのか?
          吉住公洋 (09/26)
        • 生乳流通改革という欺瞞と、イギリスのミルク・マーケティング・ボード
          富山の大学生 (06/05)
        • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
          師子乃 (10/02)
        • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
          mikky (12/01)

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM